外壁塗装の補助金・助成金

外壁塗装 補助金 助成金

外壁塗装/屋根修理はとてもお金がかかりますから、国や自治体から補助金・助成金が支給されれば助かりますよね。

現在、外壁塗装の補助金・助成金はどうなっているのでしょうか。

外壁塗装/屋根塗装をすると補助金/助成金をもらえる?

屋根塗装

全国にある各自治体では住宅のリフォームに関して様々な補助金/助成金制度があります。

しかし、外壁塗装や屋根塗装に関しては無条件でもらえるのではなく、条件を設けて支給することが多いようです。

国・自治体の外壁塗装の補助金・助成金は遮熱塗料による省エネリフォームが対象のことが多い

国 遮熱塗料

国や各自治体が外壁・屋根塗装に補助金・助成金を支給するのは、国策として省エネリフォームを推進していることが大きいと言えます。

遮熱塗料の使用を補助金・助成金支給の条件に定めているケースが多いは、そのような事情によります。

また、以下の点も心得ておきましょう。

  • 募集期間を設けていることが多い
  • 受付期間を区切っている市町村も多くみられ、その場合、期間内に申請をする必要があります。

  • 予算がある
  • 補助金・助成金の予算を使い切ったらその年度内は受付を終了しますが、多くの市町村は途中で予算を使い切ってしまいます。

  • 支払額はあまり多くない
  • 補助金・助成金の支給額は市町村によって異なりますが、最大10万円前後の支給となっています。

期間を区切って受け付けていたり、予算を使い切っていたりすることもあるので、制度の内容も含め、各市町村に直接確認することが確実です。

使用する遮熱塗料について基準を設けている市町村もありますので、支給条件も聞いてみましょう。

埼玉県

三郷市
戸田市
深谷市
朝霞市
狭山市
入間市
久喜市
川口市
新座市

静岡県

藤枝市

滋賀県

草津市

補助金・助成金よりも断然お得!火災保険を使って外壁塗装/屋根塗装をする

補助金・助成金と比べるとあまり認知されていないのですが、火災保険に加入していれば保険で外壁塗装や屋根塗装が行えることが多いのです。

火災保険の補償内容は、火災以外にも以下のように幅広い補償をしているからです。

火災保険
【火災保険の特徴】

  1. 保険会社の審査はあるが、サポート会社を使えば申請者の7割が受給
  2. 支給額は、自治体の補助金・助成金より数倍高い
  3. 役所のように予算や期限がないのでいつでも申請できる

以下に解説します。

住宅の火災保険でもらえる費用は国や市町村の助成金/補助金より多い

住宅の火災保険でもらえる費用は国や市町村の助成金/補助金よりもかなり多く、1戸建ての場合、平均して100万円程度が支給されています。

住宅
費用
自治体
住宅の火災保険を使うと保険金が高くなりますか?
火災保険は自動車保険のように等級のような概念がありませんので、保険金を受給しても、その後納付する保険金額は高くなりません

台風による雨漏り・屋根修理にはもちろん火災保険が使える

台風による雨漏り・屋根修理

台風で最も被害を受けるのは屋根。

雨漏りが発生したりして屋根の修理が必要になれば、もちろん火災保険が使えます。

大きな被害は素人が見てもわかりますが、屋根に登らないとわからない小さな被害も珍しくありません。

日本各地の様々な場所で台風や強い雨風の影響を受けております。

外壁塗装・壁の塗り替えでも火災保険が使える

壁の塗り替え

屋根だけではなく、外壁塗装・壁の塗り替えにも火災保険は使用できます。

ここがポイント!

重要なのは被害の大小ではく原因
判断で重要なのは「被害の程度」ではなく「被害の原因」です。
補償範囲内の雨・風・雷等によるものと保険会社が判断すれば、被害箇所の現状復旧費は支払われます。

市町村へ申請する助成金/補助金と違い、火災保険の申請は法人のサポートなしには困難

法人

各市町村へ申請する助成金/補助金と違い、火災保険の申請はサポート会社・法人の手助けなしには困難です。

因果関係を火災保険会社に認めてもらうために、以下の行動や判断が求められます。

  1. 被災箇所を見つけるため、ハシゴを使って、高所や2階の屋根を調べる
  2. 屋根・壁の損害が被災によるものか、経年劣化によるものかという正確な判断と指摘
  3. 被災箇所が、具体的にいつどの災害によって発生したものかを特定
  4. 被害に見合った額の見積書を作成して提出
  5. 保険会社の鑑定人との適切なやり取り

以上の事情から、火災保険を使って外壁塗装・屋根修理を行う際には、専門の会社にサポートしてもらうことが一般的です。

完全成功報酬制なので、審査に通らなくても費用は掛かりません

    申請の流れ
  1. 被災状況の調査・写真撮影(1時間~1時間30分)

  2. 保険会社へ提出する書類+被害見積書の作成

  3. 保険会社による現地調査

  4. 保険会社からの認定

火災保険の申請サポート会社は、下記で紹介しています。

家だけではなく、アパート・マンションの外壁塗装・屋根塗装にも保険が使える

家 アパート マンション 保険

火災保険を使った外壁塗装・屋根塗装は、家だけに限らず、アパート・マンションでも使えます

アパート・マンションは、建築価格が高いため受給できる保険金額も高額になります。

アパート・マンションの保険金額例
  • アパート
    228万円
  • マンション
    301万円